料理の基本

お料理『さ・し・す・せ・そ』♪

幼少の頃に地震の防災訓練などで『お・か・し』という押さない・かけない・しゃべらないということを習った人は多いと思います。料理にも法則のような魔法があり、調味料の『さ・し・す・せ・そ』というものがあります。和食の基本とされる調味料を指したもので、このさしすせその順番にも意味がある奥の深い魔法です。

『さ』は『砂糖』のことを指します。一番最初に砂糖がくる理由は、料理に味が染み込むの遅いので他の調味料より先に入れておくのが望ましいことから、最初にきます。砂糖は素材を柔らかくする効果もあり、照りや臭みもとることのできる調味料です。

次に『し』は『塩』のことを指します。塩には食材の水気を外に出す効果があり、更に他の調味料の味付けを助ける作用があります。

続いて『す』はその呼び名の通り『お酢』を指します。香り付けなどに使います。お酢には殺菌効果があり、体にもよいとされています。炭水化物の吸収を遅らせて(要は糖分)ダイエットにつながり、また血液をサラサラにする効果もあります。

更に『せ』は『しょうゆ』のことを指します。“せ”がしょうゆ?と思った人もいるかも知れませんが、しょうゆは昔、せいゆと言われていたことからその頭文字を取って『せ』とされます。しょうゆは昔からしょうゆと呼ばれていたのではなかったのですね。しょうゆには殺菌効果があります。

最後に『そ』は味噌のお尻の文字を取ってつけられています。味噌は代表的にみそ汁がある通り和食には必要不可欠です。更に味噌は医者がいらない調味料と言われてきました。コレステロールを抑え、ガン予防にもなり、整腸効果や美肌効果があります。新陳代謝も高めてくれるので非常に体によくダイエットにも最適です。

この5つの調味料は和食の基本となる調味料なので、効能なども覚えておくと便利でしょう。

News

INDEX



Link